気になるシミ・そばかす。原因やタイプからすぐにでもできる対策を紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自身の気になるシミですが、実は原因や対イプを知っておくと効果的な解消がしやすくなります。本記事では、シミ・そばかすの原因や種類を元にそれぞれに合わせた対策をご紹介します。出典:写真AC

30代を過ぎたあたりから、目元や頬などの位置に目立つようになってきた「シミ」。毎日メイクで隠すのも一苦労だし、すっぴんで鏡を見るたびに憂鬱な気分になりますよね。ここでは「気になるシミを今すぐ何とかしたい!」という方のために、原因と対策をまとめてご紹介します。

目次

  1. シミ・そばかすの原因
  2. シミ・そばかすの種類
  3. シミを消す方法や対策
    化粧品
    メイクで隠す
    生活習慣を変える
    サプリメントや市販薬
    皮膚科
  4. まとめ

1.シミ・そばかすの原因

紫外線や摩擦刺激などのダメージが肌に加わると、肌細胞を守るために表皮の最下部にあるメラノサイト(色素細胞)により「メラニン」という黒い色素がつくられます。日焼けをしても時間が経つと自然に元の色に戻るのと同じように、通常メラニンは肌のターンオーバー(新陳代謝)によって排出されますが、生成されたメラニンが多すぎると排出しきれず、シミとなって残ってしまうのです。また、生活習慣の乱れや加齢、ストレスなどはターンオーバーを乱す原因となり、さらにメラニンを排出しにくくしてしまうので注意が必要です。
一方、そばかすの場合は主に遺伝が原因でメラニンが肌に沈着したもの。幼少期頃から茶褐色の小さな斑点が鼻から頬まわりを中心に現れ、思春期にかけて濃くなっていきますが、加齢とともに薄くなっていく傾向があります。ただし、紫外線を浴びたり生活習慣が乱れたりすることで濃くなる性質をもっているので、油断は禁物です。

一口にシミ・そばかすといってもタイプはさまざまで、解決にはそれぞれに合ったケアが必要です。まず自分のシミ・そばかすがどのタイプなのか確認してみましょう。

2.シミ・そばかすの種類

シミ・そばかすの種類は、大きく分けて以下の5つ。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

炎症後色素沈着は主にニキビやかぶれ、虫刺されや傷などの炎症の跡を指します。このシミの場合は、紫外線を浴びるとより濃くなるためメラニンを抑制するのがおすすめです。

– 原因 :ニキビやかぶれ、虫刺され、傷など
– 解決策 :炎症部分の紫外線対策、ビタミンC補給でメラニン生成を抑制、ピーリングや生活習慣改善などでターンオーバーを正常化、美白化粧品でのケア
ニキビやかぶれ、虫刺され、傷などの肌の炎症の跡が茶色く残ったもの。年齢や性別に関係なく起こるもので、時間の経過とともに消えるものがほとんどですが、紫外線を多く浴びるとさらに濃くなってしまうので注意が必要です。対策としては、なるべく炎症を起こさせないように肌をゴシゴシ触らないこと、紫外線対策をしっかり行うこと、メラニンの生成を抑えるためにビタミンCを多く摂ること、美白化粧品でケアすることなどが有効です。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑は加齢によってメラニンが排出しきれず肌に沈着してシミとなっているものです。メラニンを抑制するため、紫外線の防止や生活習慣の改善がおすすめです。

– 原因 :紫外線、加齢
– 解決策 :紫外線対策、ピーリングや生活習慣改善などでターンオーバーを正常化、美白化粧品でのケア
シミの中で最も多いのがこのタイプ。肌は紫外線を浴びると、そのダメージから肌を守るためにメラノサイトという色素細胞がメラニンを生成します。基本的にこのメラニンは肌の生まれ変わりとともに自然に排出されますが、紫外線を浴び過ぎたり、加齢などによってターンオーバーが乱れたりすると、排出しきれなくなったメラニンが肌に沈着してシミになるのです。また、紫外線などの過剰な刺激を受け続けると一部のメラノサイトが暴走し、メラニンを生成し続けることでシミの原因となることもあります。対策としては、日頃から紫外線対策をしっかり行うこと、生活習慣改善やピーリングなどでターンオーバーを整えること、美白化粧品でケアすることなどが有効です。

肝斑(かんぱん)

「肝斑はホルモンバランスや肝斑部位の微炎症が要因となっています。肝斑専用のレーザー治療もありますが、炎症を抑える「トラネキサム酸」配合の化粧品を取り入れるのもおすすめです。

– 原因 :ホルモンバランスの乱れ、肝斑部位の微炎症
– 解決策 :生活習慣を改善しホルモンバランスを整える、紫外線対策
頬の高い部分に、輪郭のぼやけたシミが左右対称にできるのが特徴です。妊娠時やピル服用時、更年期などに起こりやすいことから、女性ホルモンの乱れが原因と言われています。肝斑のできている部位は微炎症が起こっている状態で、紫外線などによって悪化することがあるため、日ごろから刺激を与えないように慎重にケアしたいところです。また、レーザー治療をする場合は肝斑専用のものが必要になってくるので、「もしかして?」と感じたらまずは医師に相談してみましょう。対策としては、生活習慣の改善でホルモンバランスを整えていくのが基本ですが、炎症刺激のシグナルを抑える「トラネキサム酸」配合の化粧品を取り入れるのもおすすめです。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

花弁状色素斑は紫外線によってできるシミのタイプです。日焼けすると赤くなる方にはおこりやすいシミです。サプリやレーザー治療、紫外線対策でカバーしていきましょう。

– 原因 :強い紫外線
– 解決策 :サプリメント・生活習慣改善などでターンオーバーを正常化、レーザー治療、紫外線対策
強い紫外線を一気に浴びることで起きる花弁状色素斑。顔よりも背中や肩などに見られることが多く、日焼けから数か月後に数mm~1cm程度の細かいシミが花びらのように散らばって現れるのが特徴です。特に色白で、日焼けすると赤くなる20~30代の人に起こりやすいといわれています。自分では見えない場所なのでセルフケアは難しいところですが、時間が経てば自然に消えるのでご安心を。それでも気になる方はサプリメントなどでターンオーバーを促進するか、クリニックでのレーザー治療に頼っても良いでしょう。

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑は遺伝に寄るもの。これがそばかすと呼ばれています。年をとると薄くなっていきますが、紫外線によって悪化もするので定期的に化粧品でケアするのがおすすめです。

– 原因 :遺伝
– 解決策 :紫外線対策、美白化粧品でのケア
いわゆる「そばかす」のこと。雀の卵の模様に似ているため、雀卵斑と呼ばれます。ほとんどが遺伝的要因で、細かい茶褐色の斑点が鼻から頬まわりを中心に現れます。老人性色素斑とは反対に加齢とともに薄くなっていくのも大きな特徴ですが、紫外線を浴びることで濃くなってしまうので日焼け対策は欠かせません。日頃からの美白化粧品でのケアも有効です。
シミ・そばかすの予防や、すでにあるものの悪化を防ぐために、すべてに共通して重要といえるのが「紫外線対策」。意外と知られていませんが、冬は肌が乾燥してバリア機能が衰えているため、特に紫外線ダメージを受けやすい季節なんです。一年中地道にケアを続けることが、美肌への近道ですよ。

3.シミを消す方法や対策

それでは、今あるシミ・そばかすを消したい場合は具体的にどんな対策を打ったら良いのでしょうか。体の中と外、さまざまな方面から根気よくアプローチすれば、シミ・そばかすを徐々に薄くしていくことは可能です。代表的な5つの方法をご紹介します。

□ 化粧品

化粧品は成分に注目しましょう。また、化粧品の種類も化粧水よりも美容液のほうが美白成分を高濃度で含んでいるためおすすめです。しっかりと手の上で温め、肌になじませることでより浸透しやすくなります。

まず1つは、美白成分の含まれた市販の化粧品を使う方法です。選ぶときは、沈着したメラニンを還元する効果のある「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」などの成分に注目してみてください。
また、確実に肌の変化を実感したいなら、まずは化粧水と乳液の間に使う「美容液」を美白化粧品に変えてみるのがおすすめ。美容液は化粧水よりも美白成分が高濃度で含まれているからです。余裕のある方は、お気に入りの美白化粧品をラインで揃えても良いでしょう。
さらに、いつものケア方法にちょっとした工夫を加えることでより効果アップ。まず化粧水は、洗顔後に肌が乾かないうちになじませるのがポイント。1回で終わらせず、2~3回重ねると、手のひらに吸いつくようなもっちり肌が出来上がります。美容液は目安量をしっかり守り、両手で顔をやさしく包み込むようになじませましょう。高価だからといって少量で済ませると、本来の効果を感じられない場合があります。仕上げの乳液はムラにならないように両頬、額、あご、鼻の5点に置いてやさしく伸ばし、美容液と同様に顔をやさしく包み込むようになじませます。どの化粧品も、手の上で十分に温めてから肌になじませることで浸透が良くなりますよ。

□ メイクで隠す

メイクで隠して、夜や朝に化粧品でケアしていくという方法は即効性が高いです。先にコンシーラーを乗せてファンデーションを使うことでより、きれいに隠れます。

最も即効性があるのがメイク。昼間はメイクで徹底的に隠して、夜・朝は美白化粧品でケアしていくという流れです。普段リキッドファンデーションを使っている場合は、まず顔全体にファンデーションを薄く伸ばし、シミが隠れない部分に少量を重ね付けます。それでも隠れない場合はその上からコンシーラーをのせましょう。
パウダーファンデーションを使っている場合は、上からコンシーラーを使うとヨレる原因になるので、先にコンシーラーをのせてからファンデーションを塗っていきましょう。
コンシーラーにもさまざまな種類がありますが、シミなどをピンポイントで隠したい場合は、スティックタイプや筆タイプのコンシーラーを選ぶのがおすすめ。気になる部分よりも1~2周り大きくコンシーラーをのせて、境目を指の腹を使って叩くようになじませるのが上手に隠すポイントです。

厚塗りにしたくないという方やシワでメイクがヨレやすいという方は、パールが配合されたファンデーションやコンシーラーを使って、光の反射を利用してシミを飛ばすという手もあります。

□ 生活習慣を変える

シミ対策には、内側からのケアも重要です。睡眠不足は成長ホルモンの分泌を阻害するほか、ストレスや偏った食生活などは自律神経の悪化やホルモンバランスの乱れをまねき、ターンオーバーが正常に行われない原因となります。十分な睡眠とバランスの良い食事、日頃からストレスを溜めないように心がけましょう。

シミの中でも特に多い老人性色素斑が気になる場合は、ビタミンCやビタミンE、カテキン、ポリフェノール、リコピンなど、老化の原因となる活性酸素を抑えてくれる「抗酸化成分」を含む食事を積極的に摂っておくのも有効です。

☆ビタミンCを多く含む食品……ピーマン、パセリ、レモン、アセロラ、ゴーヤ、キウイフルーツなど
☆ビタミンEを多く含む食品……アーモンド、小麦、抹茶、ヘーゼルナッツ、うなぎなど
☆カテキンを多く含む食品 ……緑茶、番茶、ほうじ茶など
☆ポリフェノールを多く含む食品……チョコレート、ココア、赤ワインなど
☆リコピンを多く含む食品 ……トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなど

□ サプリメントや市販薬

ビタミンCやL-システインなどを配合したサプリメントや市販薬もシミを対策する方法としておすすめです。毎日しっかり適量摂取することが好ましいです。出典:PEXELS

日ごろの食事だけで十分な栄養を摂るのが難しいという方は、サプリメントを使うのも1つの方法です。シミ対策におすすめなのが、「ビタミンC」と「L-システイン」。それぞれの成分に期待できる効果は以下の通りです。

☆ビタミンC……コラーゲンの合成、抗酸化(アンチエイジング)、免疫力強化など
抗酸化効果で、紫外線によって発生する活性酸素を除去するため、美白に効果があるといわれています。
☆L-システイン……肌や体のターンオーバーを正常化、抗酸化(アンチエイジング)

もともと皮膚や髪の毛、爪などに存在するアミノ酸ですが、不足しやすいためサプリメントでの補給が有効です。
ドラッグストアでは、これらの成分を配合したシミ・そばかすケア専用のサプリメントや医薬品も取り扱っています。ドラッグストアならいつでも手軽に購入でき、無くなったときの補充も簡単なのが魅力。さらにバランスよく美肌に効果的な栄養素を確実に摂りたければ、美容皮膚科で扱っているドクターズサプリに頼るのもひとつの方法です。

大事なのは一度に大量に摂るのではなく、適量を毎日続けること。特にビタミンCは水溶性のビタミンなので、多量にとっても吸収しきれず体の外へ排出されてしまうのです。飲むタイミングは、朝と夜寝る前の2回が好ましいといわれています。朝は日中の紫外線のダメージ対策、夜寝る前は睡眠中の細胞修復をサポートしてくれる働きがあります。

□ 皮膚科

様々方法を試しても取れない頑固なシミを持っている方は皮膚科に聞いてみるのも手です。方法としてはレーザー、フォトフェイシャル、薬での治療があります。それぞれの方法によって価格帯は違いますが、5000円-最大50,000円の価格が目安となってます。出典:写真AC

そして最後は、皮膚科に頼るという方法。「自分のシミの原因がわからない」「憎きシミ・そばかすを今すぐ元から消し去りたい」という場合は、思いきって皮膚科に相談しましょう。治療方法はレーザーやフォトフェイシャル、外用薬などが一般的です。

☆レーザー……レーザー光がメラニン色素にのみ反応し、熱によってメラニン色素を破壊。1週間ほどでかさぶたになり、これが剥がれ落ちることでメラニン色素が排出されシミが薄くなっていくという仕組みです。施術では多少の痛みをともない、術後は肌に赤みが出る「ダウンタイム」と呼ばれる期間があります。料金はレーザーの種類やシミの大きさにもよりますが、5000円~3万円程度が目安。
☆フォトフェイシャル……カメラのフラッシュのような光を顔に当て、メラニン色素にダメージを与えて浮き上がらせる方法です。数回に分けて当てるのが一般的。コラーゲンの合成を活性化してくれるので、毛穴や小じわ、赤みにも効果を発揮するといわれています。痛みやダウンタイムがなく、施術後すぐに化粧ができるので、仕事や外出などのタイミングを気にする必要がありません。部位にもよりますが、顔全体で1回1万円~5万円程度が目安です。
☆外用薬……強い美白効果をもつ「ハイドロキノン」や、ターンオーバーを促進する「レチノイン酸」などを処方してもらい、自分で塗っていくという方法。作用が強いので、医師の指示に従って使用する必要があります。料金は1か月あたり、3000円~5000円程度が目安。

シミの除去は保険外診療となり、料金も皮膚科によってまちまちなので慎重に下調べすることが大切です。

まとめ

シミ予防や、今あるシミを消すためにはさまざまな対策方法があります。お悩みに合った正しいケアで、シミ・そばかす知らずの透明美肌を目指しましょう。

化粧品でケアするなら、トゥヴェールのシミケアセットがおすすめ
シミを抑制する化粧水と美容液のお得な2点セット
https://www.tvert.jp/fs/tvert/312

The following two tabs change content below.
岩田 理美

岩田 理美

Webニュースメディア編集部で勤務後、独立。フリーの美容ライターとして、スキンケア、コスメ、インナーケアなどに関する記事を執筆。趣味はホットヨガと映画鑑賞。最近ハマっていることはアイカラー集め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントをどうぞ

*