気になるそばかす、「隠す」と「活かす」の2つのメイク術をご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:PIXELS

日本では、コンプレックスに感じている人も少なくない「そばかす」。そばかすがある人のメイクといえば、これまではコンシーラーやファンデーションで“隠すメイク”が一般的でした。しかし最近は韓国ドラマのヒロインのメイクなどから火が付き、そばかすをあえて隠さない“活かすメイク”をする人も増えてきているようです。今回の記事では、白肌派のための“隠すメイク”と、個性を引き立てる“活かすメイク”の2種類をご紹介します。

目次

  1. そばかすを効果的に隠すメイク術
  2. 上手に隠しつつ、そばかす対策も!おすすめのメイクアイテム
  3. あえて活かす!上手なそばかすメイクのやり方
  4. まとめ

1.そばかすを効果的に隠すメイク術

まずは、そばかすを“隠すメイク”からチェック。気になるそばかすを隠すためにファンデーションを厚塗りすると、老け顔や化粧崩れの元になるので注意したいところです。以下の3ステップで、効果的にそばかすを隠しましょう。

1.化粧下地で肌の土台を作っておく


洗顔後、スキンケアを済ませたら、顔全体に「化粧下地」を塗ります。土台を作っておくことによってファンデーションのノリがよくなり、厚塗り防止にもなるため仕上がりがよりナチュラルになるのです。化粧下地はベージュなどの色付きのものが好ましいですが、特にそばかすが気になるという人はカラーコントロール効果がある下地もおすすめ。薄いそばかすにはイエロー系、濃いそばかすにはオレンジ系を選んでみてください。

2.気になる部分はコンシーラーで隠す


コンシーラーを指かブラシに取り、そばかすが気になる部分にのせていきます。そばかすよりもひと回り大きめにのせて、境目をボカしていくイメージでなじませていきましょう。
また、コンシーラーを使うタイミングは使用するファンデーションのタイプによって変わります。パウダーならファンデーションの前、リキッドならファンデーションの後に使うということを覚えておきましょう。

3.ファンデーションを全体にムラなくなじませて完成


パウダーファンデーションの場合は、少量ずつパフに取り、頬→あご→額の順にやさしく滑らせます。よりナチュラルな仕上がりを求める人や、パフだとムラになりやすいという人は、大きめのブラシを使うのもおすすめです。
また、リキッドファンデーションの場合は、メーカーの規定量を手の甲に出してから、顔の5点(額・鼻・両頬・あご)にのせ、外側に向かって均一に広げていきます。メーカーによっては5点置きの場合、シリコンが揮発して乾いてしまう場合もあるため、素早くのせていくことがポイントです。その後コンシーラーをなじませて、仕上げにお好みでフェイスパウダーをはたいて完成です。アイメイク周り、コンシーラーを使った部分はメイクがヨレやすいので、最低限パウダーを使うようにしましょう。

2.上手に隠しつつ、そばかす対策も!おすすめのメイクアイテム

そばかすを隠すメイクで特に重要になるアイテムが、「ファンデーション」と「コンシーラー」。ここではそれぞれのおすすめアイテムをご紹介します。

ファンデーション

トゥヴェール「ミネラルパウダリーファンデーション」


アレルギーを起こしやすい重金属類を排除した高純度ミネラルや、コーティングタイプの酸化チタンなど、天然素材にこだわったコンパクトタイプのミネラルファンデーション。17種類の美容成分を配合しているので、メイクしながらスキンケアできるのが特長です。これ1つで化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、フィニッシングパウダーの機能をもち、石けんでオフできるという手軽さもうれしいポイント。中でも日焼け止めの効果としては、ロングUVA、ブルーライト、近赤外線までカットします。専用コンパクトとパフがついてきており、パフにもこだわりをもって開発がなされていることから、ミネラルらしからぬ仕上がりの美しさやカバー力の高さも人気の一つです。

商品情報

ミネラルパウダリーファンデーション
◇ブランド名:トゥヴェール
◇価格:¥2,560(税込)
◇専用コンパクト・パフ付
◇SPF30 PA++
◇全4色

 

マキアレイベル「薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)」


68種類の美容液成分を配合し、ハリや透明感などのエイジングケアにもこだわったリキッドファンデーション。光を反射する2種類のパウダーで、そばかすやシミなど気になる肌悩みを自然にカバーできます。特殊な粒子を使用し、紫外線だけでなく近赤外線や大気汚染物質(チリ・ホコリなど)も徹底ガードしてくれるのも魅力。

商品情報

薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)
◇ブランド名:マキアレイベル
◇価格:¥4,216(税込)
◇SPF35・PA+++
◇全5色

 

サナ「毛穴パテ職人BBパクト」


のびの良いクリームが、肌の上でさらさらパウダーに変化。毛穴の形や動きに合わせて伸縮フィットするシリコンゲルパウダーを配合した3Dフィット処方で、気になる毛穴もナチュラルにカバーしてくれるファンデーションです。これ1つで化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーなどの機能が揃っているので、忙しい朝にも重宝しそう。

商品情報

毛穴パテ職人BBパクト
◇ブランド名:サナ
◇価格:¥1,404(税込)
◇SPF40・PA+++
◇全1色

 

コンシーラー

トゥヴェール「ミネラルコンシーラー」


保湿効果に優れたスクワラン、ホホバ種子油などの美容オイルを75%配合した肌に優しいミネラルコンシーラー。石油系界面活性剤、鉱物油、ナノ粒子、シリコン、タール色素は不使用なので、肌トラブルのある部分にも安心して使いやすいのが魅力です。ひと塗りですっと肌に溶け込みしっかりカバーしてくれるのに、石けんで落とせるという手軽さも人気の秘密。

商品情報

ミネラルコンシーラー
◇ブランド名:トゥヴェール
◇価格:¥ 1,890(税込)
◇SPF20・PA++
◇全2色

 

ポーラ「ミュゼル ノクターナル コンシーラー スティック」


桜色のパールを配合したスティックコンシーラー。シミ、クマなどの肌トラブルをカバーする赤い光と、肌に透明感をあたえる青い光を自在に操り、洗練された印象を作り出してくれます。カミツレ花エキスやマカダミアナッツ種子油、高浸透コラーゲンなどの美容(保湿)成分を配合しているほか、UVカット効果があるのもうれしいところです。

商品情報

ミュゼル ノクターナル コンシーラー スティック
◇ブランド名:ポーラ
◇価格:¥ 3,780(税込)
◇SPF30 PA+++
◇全2色

 

キャンメイク「カラースティック モイストラスティングカバー」


豊富なカラーバリエーションで、そばかす、シミ、ニキビ跡、くすみなど、あらゆる肌悩みに対応できるスティックコンシーラー。カバー力・密着力に優れており、少量で気になる悩みをしっかりカバーしてくれます。美容(保湿)成分はヒアルロン酸やハチミツなどを配合。プチプラなので、色違いで複数買いできるのも大きな魅力です。

商品情報

カラースティック モイストラスティングカバー
◇ブランド名:キャンメイク
◇価格:¥ 626(税込)
◇SPF50+・PA++++
◇全6色

 

3.あえて活かす!上手なそばかすメイクのやり方

また、ここ数年はあえてそばかすを隠さない“活かすメイク”もじわじわ人気上昇中。ハーフのような顔立ちに見えたり、ナチュラル感や少女のようなあどけなさを演出できるなど、じつはメリットも多いそばかす。以下の4ステップで個性を上手に引き立てましょう。

1.コンシーラーを使う範囲は最低限に

そばかすを活かす場合コンシーラーは必須ではありませんが、もし気になる場合は特に大きなそばかすや濃いそばかすのみコンシーラーでカバーしましょう。コンシーラーを使うときのコツは、気になる部分はコンシーラーで隠すを参考にしてください。

2.ファンデーションは薄づきのものを選ぶ

そばかす肌ならではのナチュラル感を演出するなら、ファンデーションの厚塗りは厳禁。なるべく薄づきで透明感のあるファンデーションを、薄く均一に伸ばしましょう。リキッドファンデーションのときは、仕上げにフェイスパウダーをはたくのも忘れずに。

3.頬~鼻筋のそばかすに「チーク」を重ねてハーフ顔に

さらに目の下の両頬~鼻筋部分のそばかすにチークを重ねると、流行りのハーフ顔を演出できます。血色感が出て健康的な印象になるため、若々しさがアップする効果も。チークの色はピンク系かオレンジ系がおすすめです。チークは濃くなり過ぎないように少しずつ足していき、「ちょっと足りないかな?」と感じるくらいがベストです。

4.ナチュラル感を出すために、アイメイクはひかえめに

ナチュラル感や少女っぽさが魅力のそばかすには、作りこみ過ぎなアイメイクは不似合い。ビューラーでまつ毛を軽くカールさせてから、ブラウン系のアイライナーで上まつ毛の生え際を埋めるようにラインを引いていくと、さりげなくパッチリした目元を作れます。アイメイクをひかえめに仕上げる分、リップは少し濃い目のカラーのものを選んでおくと顔全体の印象が引き締まります。

4.まとめ

「隠す」と「活かす」、2つのそばかす肌さん向けメイク。仕事の日はしっかり隠しつつ、休日は活かすメイクで印象を変えるといった使い分けもできそうです。ぜひお好みに合わせて試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
岩田 理美

岩田 理美

Webニュースメディア編集部で勤務後、独立。フリーの美容ライターとして、スキンケア、コスメ、インナーケアなどに関する記事を執筆。趣味はホットヨガと映画鑑賞。最近ハマっていることはアイカラー集め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。