部位別解説(顔と目元)!くすみの原因と改善策はこれで完璧!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くすみのメカニズムについて詳しく解説。原因や改善策をまとめております。

出典:写真AC

「最近、なんだか顔色が悪いな」、「ずっと使ってきたファンデーションの色が合わなくなってきた」そんな風に感じることってありませんか?それはもしかすると肌の“くすみ”が原因かもしれません。今回は“くすみ”のできるメカニズムとケア方法についてご紹介します。

目次

  1. くすみとは?なぜできるかのメカニズム
  2. くすみの原因
  3. くすみの改善策
  4. まとめ

1.くすみとは?なぜできるかのメカニズム

「顔色が冴えない・・・」と感じることを「肌がくすんでいる」と言う人が多いですが、“くすみ”とは、年齢を重ねていくと肌本来が持っているキメ(肌理)の細かさが失われて肌に透明感がなく明るさが薄れて、肌全体の色が暗く見えるようになった状態のことを指します。
肌がくすんでいる状態になると肌トラブルの引き金になることもあるので、エイジングが気になる人にとっては注意したいエイジングサインです。

原因はいくつか考えられますが、肌細胞のターンオーバー(代謝)が遅れたり、肌が乾燥していることで古い角質が溜まりやすくなった状態になったりすることが、くすみの原因として挙げられます。肌のキメが乱れて、皮膚表面の溝(皮溝・ひこう)が深くなり、そこが影のようになって暗く見えてしまうのです。
その他には、冷えなどによる血行不良、メラニン色素が溜まっている、毛穴汚れ、肌老化、最近では“糖化”なども原因として挙げられるようになりました。

2.くすみの原因

前段で簡単にくすみの原因について触れましたが、ここからはもう少し詳しく解説していきたいと思います。
そこで、ここからはシミケアにおすすめの美白クリームをいくつかご紹介します。

(1)メラニンが溜まる
紫外線ダメージを受けると、肌を守るために表皮(肌表面部分)の基底層にあるメラノサイトでメラニンが作られ、正常なターンオーバーが繰り返されていれば一定期間で排出されるものの、代謝不良になるとメラニンの排出が遅れてくすみの原因になることがあります。

(2)角質が溜まる
加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって肌のターンオーバーが正常に機能していないと古い角質が排出されず、肌がごわついたり、くすんで見えたりします。

(3)血行不良
血行不良は冷え性だけでなく運動不足、睡眠不足が原因の場合もあり、血液の流れが悪くなるとリンパの流れも悪くなり、老廃物が正常に排出できなくなります。血行不良とリンパの流れの悪化は、肌のターンオーバーサイクルを乱し、顔のむくみの原因にもつながります。

(4)乾燥
肌がしっかりとうるおった状態であれば、キメが整い、表面が均一化されることで光を綺麗に反射して透明感のある肌に見えるのですが、乾燥するとキメが粗くなり肌がざらつき、そこが影になって肌を暗く見せてしまいます。

(5)糖化
ここ数年、美容業界で注目されているのは“糖化”です。糖化とは、食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて細胞などを劣化させる現象のことを指し、糖化は「体のコゲ」とも呼ばれています。

部位別のくすみについて

顔の中でもくすみが出やすい箇所があるので、ここではパーツ別のくすみについて解説したいと思います。

(1)顔
顔全体のくすみは、老化の影響でターンオーバーサイクルの乱れることよって、老化角質が肌に蓄積されて厚く重なり、顔色がグレーっぽく見える状態のくすみの場合が多いです
本来であれば徐々にはがれ落ちていくはずの古い角質が残っていることが原因ですので、正しいスキンケアで肌状態を整える、ストレスなどのない規則正しい生活を心がけるなど、肌のターンオーバー正常化を目指しましょう。

(2)口元・目のまわり
口元と目のまわりは顔の中でも動きが激しい部分。その分エイジングサインも出やすいパーツです。口元がくすんでいればヒゲが生えているように見えたり、目のまわりがくすんでいれば疲れきった顔に見られたり、口元と目のまわりのくすみは顔の表情に大きな影響を与えます。
口元のくすみは乾燥と色素沈着が原因であることが多く、しっかりと保湿すること、時には毛穴の汚れや不要な角質をフルーツ酸などの力ですっきり落とす「ピーリングジェル」などを利用したソフトピーリングがおすすめです。また、産毛処理をすることで、くすみに見えていたものが、意外と解消される場合もあります。
目のまわりのくすみは血行不良に起因するケースがほとんど。専用の美容液やクリームを塗った後、マッサージするといいでしょう。目元は皮膚が薄く繊細なパーツですので、ケアをするときは目元を優しいタッチで触れることが重要です。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。
顔のくすみの原因を厳選!原因を知ることで老け顔を卒業しよう!

3.くすみの改善策

ここからはくすみが気になる方におすすめの化粧品をご紹介したいと思います。

(1)化粧水
くすみを改善するには化粧水を変えてみることもオススメです。ここではオススメの化粧水をご紹介します。

① トゥヴェール「薬用ホワイトニングローションα EX」

薬用ホワイトニングローションαEXの説明です。
メラニンの生成を防いでシミやニキビを予防するビタミンC誘導体APS6%高濃度(※)配合の希少な薬用美白化粧水(※トゥヴェール比)。同ブランドの中でも人気ナンバーワンを誇る確かな実力。
シミ・くすみは毎日コツコツケアすることが大事ですので、化粧水で取り入れるのが最も手軽な方法です。

商品情報
トゥヴェール「薬用ホワイトニングローションα EX」
価格:3,497円(税込)
内容量:120mL

 

②アクアレーベル ホワイトアップ ローション

アクアレーベル ホワイトアップ ローションの説明です。
美白・肌あれ防止有効成分m-トラネキサム酸を配合。またお肌本来の保水バリア機能を守るベビーアミノ酸を配合しており、シミ・ソバカスが気になる肌にもうるおいを貯蓄します。肌本来のうるおいを保つことでくすんで見える肌を保湿し、明るく透明感のある肌へと働きかけます。ベストコスメ賞多数受賞の、低価格高品質化粧水です。

商品情報
アクアレーベル ホワイトアップ ローション(Ⅰ)
価格:1,512円(税込)
内容量:200ml

 

③サエル ホワイトニングローション コンセントレート

サエルのホワイトニング ローション コンセントレートの説明文です。
保湿成分「高浸透グリセリン」を配合することで高い浸透性と保湿力の両立を実現。美容成分や保湿成分を抱えこんだ保湿膜により水分保持がサポートされています。敏感肌の方にはおすすめの化粧品です。

商品情報
ホワイトニング ローション コンセントレート
価格:4,860円(税込)
内容量:125ml

 

(2)洗顔
洗顔はスキンケアの基本です。きちんとクレンジング&洗顔ができていないと、どんなに美容成分配合のコスメを使っていても成分が肌へ浸透しづらくなりスキンケアアイテムの効果が半減してしまいます。

クレンジングの際には例えば「ふき取りクレンジング」だと、強くゴシゴシふき取ると、摩擦ダメージで、かえってくすみの原因になる場合もあります。肌にダメージを与えないように注意していきましょう。
また、洗顔時に気をつけたいのが、洗顔料をしっかり泡立ててから洗顔することです。面倒くさがって手のひらで泡立てるのを省略して、顔の上でゴシゴシする人がいますが、ゴシゴシ洗いは肌への刺激が強く、肌表面を傷つけてしまいますので注意しましょう。

くすみに効果が期待できるおすすめ洗顔料はこちら

(3)メイク
くすみは日々のスキンケアが重要ではありますが、一朝一夕で改善するものではありません。どうしても今すぐ肌の明るさを取り戻したいという人は、メイクでうまくカバーしましょう。
肌を明るくしたいと思うとついファンデーションの明るさを明るめに変えたくなりますが、それは返って逆効果になることも。ファンデーションは夕方になるとファンデーションに含まれる黒い色素が表面に浮いてきて、ファンデーションの色自体がくすむ現象が起こるため、肌のトーンアップをしたいのであれば、ファンデーションではなく、化粧下地を変えることをお勧めします。
お肌の透明感をアップさせたいなら、自然な血色感を演出できるピンク系の化粧下地を顔全体(赤ら顔の方はピンク系の化粧下地を使用する際には部分的に)に、口元や目のまわりなど部分的なくすみをカバーしたいときはイエロー系の化粧下地を部分使いすることで、肌自体のキメが整っているかのような状態を下地の時点で作り込みます。そうすることでファンデーションの厚塗りも避けることができ、夕方になってくすみが気になるという現象も避けられます。

ちなみにコントロールカラーでのくすみのカバーは下記記事でより詳細に説明しています。肌に合わせておすすめの下地の色を選んでみましょう。(くすみをコントロールカラーでカバーする方法)

3.まとめ

今回は、くすみにまつわる情報をまとめてみました。お肌は透明感があってキメが整っている状態であれば、いつまでも若々しくみられます。くすみやシミは急にできるものではなく徐々に見た目に現れてくるものですし、できてしまったものを薄くするのは簡単なことではありません。ですので、できるだけ日常的にケアをして、くすみづらい肌づくりを心がけてくださいね。

The following two tabs change content below.
茂木 宏美

茂木 宏美

「美しい」モノ・コトが大好きで、様々な美容グッズ、食品、マッサージにトライすること十数年!海外を含め、見聞を深め、内面の美にも注力している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。