美白成分を検証!美白に効果が期待できる要素を理解して美白化粧品を選ぼう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:写真AC

「美白」というキーワードはよく見かけますが、そのメカニズムや効果がある成分については意外に知らない人も多いのでは?美白に興味があるなら、しっかりそのメカニズムや成分についてもしっておきたいですよね。そこで今回は、「美白」にまつわる情報をまとめてみました。

目次

  1. 美白の肌はこうして作られる!
  2. おすすめ美白化粧品
  3. 美白クリーム:フェイスクリーム
  4. 美白クリーム:ボディクリーム
  5. 美白パック
  6. 洗顔ケア
  7. プチプラ美白化粧品ランキング
  8. 美白に効果的な対策
  9. まとめ

1.美白の肌はこうして作られる!


肌は紫外線に当たると肌の中で「メラニンをつくれ」という指令が出ます。それによってシミやくすみの原因となるメラニン色素がつくられ始めるのですが、そのメラニン色素を製造するプロセスを抑えるのが美白成分の役目です。
ということは、気になるシミやくすみがある場合は、その状態に合わせて効果が期待できる美白成分が配合されたスキンケアアイテムを選ぶことが重要です。

ここでは、代表的な美白成分をご紹介します。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは保湿や美白に効果が期待できると言われている成分ですが、とても酸化しやすく不安定なため、リン酸や糖などと結合させて安定させたもの。(いくつかのビタミンC誘導体が厚生労働省認可の医薬部外品有効成分として認可。)種類としては以下のものが存在します。

・・・アスコルビン酸グルコシド:別名はL-アスコルビン酸2-グルコシド。アスコルビン酸(ビタミンC)にグルコース(ぶどう糖)を結合させた医薬部外品に承認されている水溶性ビタミンC誘導体で、分解しにくいのが特徴です。

・・・アスコルビルリン酸ナトリウム(APS):ビタミンCにリン酸を結合させた安定性が高い水溶性ビタミンC誘導体。ビタミンCを保護することにより分解を抑制し、肌に入りやすくします。ニキビ跡、色素沈着、皮脂分泌抑制、コラーゲン生成促進、メラニンの蓄積抑制、細胞寿命延長、活性酸素除去などに効果があり、光老化にも効果的です。

・・・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(アプレシエ®/APPS):リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したもので、従来のビタミンC誘導体よりもさらに機能性の高いのが特徴。

・・・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP):医薬部外品名称はテトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル。油溶性ビタミンC誘導体のひとつ。水溶性ビタミンC誘導体の持続性の少なさなどのデメリットを補うために誕生したビタミンC誘導体。

・・・ビタミンCエチル(アスコビルエチル):ビタミンCの3位の水酸基にエチル基を結合した水溶性ビタミンC誘導体。他の誘導体よりも高い美白効果を示すと言われており、チロシナーゼの活性阻害、メラニンの重合抑制効果があります。

アルブチン

コケモモに含まれることが知られている成分で、メラニン生成に関わるチロシナーゼに直接作用しシミの原因となるメラニンの合成を阻止します。濃度が濃いと刺激になることも。αアルブチンと、βアルブチンがあり、αアルブチンの方が効果が高いと言われています。

コウジ酸

みそやしょう油、日本酒の製造過程でできる麹のコウジ菌がつくり出す物質。メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える働きがあります。

エラグ酸

いちご由来の成分。ポリフェノールの一種でラズベリーやザクロなどのフルーツ、ゲンノショウコやユーカリなどに含まれます。

ルシノール

北欧のモミの木に含まれる成分。メラニン生成のプロセスである酵素チロシナーゼとチロシンの合体を防ぎ、メラニンを作らせないように働きます。

リノール酸

サフラワー(紅花)油などから抽出されるリノール酸の美白効果を高めた成分。また、肌の生まれ変わりをサポートし、メラニンの排出を促す働きがあります。

カモミラET

ハーブのカモミールに含まれる成分。情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニンを生成する細胞メラノサイトの増殖や活性化を抑える働きがあります。

トラネキサム酸

もともと抗炎症剤として使われていたものを美白成分として開発したもの。シミ部位の慢性微弱炎症状態に作用しメラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制する働きがあります。

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分。サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。溜まったメラニンを排出する効果を持ちます。

ハイドロキノン

メラニン生成に関わる酵素であるチロシナーゼの働きを抑えてシミ・ソバカスを防ぐといわれている。有効成分としての認可を受けていないため医薬部外品有効成分ではありません。

2.おすすめ美白化粧品

①トゥヴェール シミケアセット(医薬部外品)

トゥヴェールの薬用ホワイトニングローションαEXの写真です。

トゥヴェールのブライトニングセラム

シミ対策の化粧水と美容液が20%オフでゲットできるお買い得セット。
ハイドロキノンの2100倍、コウジ酸の2400倍のメラニン合成酵素の阻害率を誇るW377や、ビタミンCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)配合の美容液「ブライトニングセラム」と、ビタミンC誘導体(APS)を6%配合した薬用美白化粧水「薬用ホワイトニングローションαEX」のダブル使いで、美白効果がさらに期待できます。「ブライトニングセラム」も「薬用ホワイトニングローションαEX」もさらっとした塗り心地ですが、保湿力が高く塗った後のお肌がモチっとした感触になります。

商品情報
トゥヴェール シミケアセット(医薬部外品)
価格: 5,430円(税込)
内容量:ブライトニングセラム30mL+以下の4製品よりお好みの1点をお選びください。
・薬用ホワイトニングローションαEX (120mL)
・薬用モイスチャーローション (120mL)
・ クリスタルパウダー(3g,化粧水作成キット付)
・ホワイトパウダー(30包,溶解容器セット付)

 

②資生堂 HAKU メラノフォーカス3D



メラニン色素の過剰生成を抑制する美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)と、メラニンを含む角層にうるおいを与えて整えるソフニングリリーサー(トリメチルグリシン、L-セリン、濃グリセリン)を配合。乳白色の乳液のようなテクスチャーで、伸びがよく肌の上に広げるとすーっと広がります。美白化粧品はさっぱりとした使用感のものが多いですが、「HAKU」は保湿感も重視しているようで乾燥肌で悩んでいる人には使いやすいアイテムです

商品情報
HAKU メラノフォーカス3D
価格:10,800円(税込)
内容量:45g

 

③ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9


ハイドロキノン配合の夜用クリーム。ハイドロキノンは美白成分として定評のある成分ですが、ビーグレン独自開発の浸透テクノロジーQuSome®と融合させることで、さらに効果が期待できます。コクのあるちょっと固めのテクスチャーなのでスキンケアの最後に使うのがおすすめ。密着感も高いので部分使いにぴったりです。

商品情報
QuSomeホワイトクリーム1.9
価格:6,480円 (税込)
内容量:15g

 

3.美白クリーム:フェイスクリーム

①ディセンシア サエルホワイトニングクリーム コンセントレート


敏感肌の人でも安心して使えるブランドとして定評のある「ディセンシア」。敏感肌でも美白したいという人におすすめです。シミの原因となるメラニンの黒反応と、肌機能を下げてしまう活性酸素を同時に抑制する「ムラサキシキブエキス」配合で、美白効果が期待できます。

商品情報
サエルホワイトニングクリーム クリアリスト
価格:5,940円 (税込)
内容量:30g

 

②トゥヴェール ホワイトクリームⅡエクストラリッチ


ビタミンC誘導体「アプレシエ(APPS)」を3%配合したクリーム。ビタミンC誘導体をサポートする成分として美容エキスも配合。肌にハリを与える「アルジルリン」(整肌成分)を12%も高配合されています。高濃度のビタミンCに刺激や乾燥を感じるという人におすすめです。

商品情報
ホワイトクリームⅡエクストラリッチ
価格: 4,212円(税込)
内容量:30g

 

③花王 キュレル 美白クリーム


「キュレル」も敏感肌の人向けブランド。植物由来の美白有効成分「カモミラET」がメラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぎます。保湿力が高く後肌しっとりですが、クリームというよりはややジェルっぽいさらっとしたテクスチャーのクリームで重ねつけしてもポロポロしません。

商品情報
キュレル 美白クリーム
価格:3,024円(税込)
内容量:40g

 

4.美白クリーム:ボディクリーム

顔はUVケアする人が多いですが、体はおろそかになりがち。そんな時には美白効果が期待できるボディケアアイテムを投入しましょう。

①シーボディ イルコルポ ミネラルボディシャインジェル


「ミネラルボディシャインジェル」は伸びのよいジェル状のテクスチャーでべたつかずさらっとした使い心地。季節を問わず使いやすいです。爽やかなユーカリの香りがボディケアタイムをリフレッシュタイムに変えてくれます。

商品情報
イルコルポ ミネラルボディシャインジェル
価格:5,940円(税込)
内容量:200g

 

②マニス ホワイトニングUVボディクリーム


SPF50、PA++++の強力なUV効果と、プラセンタ、グリチルリチン酸が日焼け後の肌をケアします。
天然保湿成分も配合していて美白だけでなく保湿効果も期待でき、白くなめらかな肌へ導いてくれます。ゆるめのテクスチャーで伸びがよく、使い心地はベタつき感なし。ほんのり香るカミツレの香りが気分をリフレッシュしてくれます。

商品情報
UVホワイトニングボディクリーム
価格:1,944円(税込)
内容量:80g

 

③ユースキンA


「ユースキン」ブランドのスキンケアシリーズ第一号として登場してから50年以上の歴史を持つ「ユースキン」A。ビタミンB2の色(黄色)のクリームで、ひび、あかぎれ、しもやけなどに効果がある!と評判のビタミン系クリームです。希望小売価格120g1,339円(税込)と価格もリーズナブルで、手軽に美白・保湿ケアしたいという人におすすめです。。

商品情報
ユースキンA
価格:70g 896円(税込)/120g 1,339円(税込)
内容量:70g/120g

 

5.美白パック

①クオリティファースト オールインワンシートマスク ホワイト


大容量フェイシャルパックと言えば「クオリティファースト」といっても過言ではないくらい人気のシリーズにも美白対策パックがあります。プラセンタエキス・ビタミンC誘導体・ナノホワイトという3種の美容成分を配合し、美容ベース処方でうるおいをキープする働きが期待できます。

商品情報
オールインワンシートマスク ホワイト
価格: 5枚入り 356円(税込)/30枚入り 2,052円(税込)
内容量:5枚入り/30枚入り

 

②クリアターン ホワイト マスク(ビタミンC)


ビタミンC配合の美容液をたっぷり含んだ薬用集中美白マスクです。メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぎ、透明感あふれるみずみずしい肌へ導いてくれます。

商品情報
ホワイト マスク(ビタミンC)
価格:646円(税込)
内容量:5回分

 

③トランシーノ 薬用ホワイトニングフェイシャルマスク


薬用スキンケアシリーズ「トランシーノ」のフェイシャルパックは、美白有効成分「トラネキサム酸」配合の美白シートマスク。トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX約65回分(※)の美白成分を配合した集中美白シートマスクです(※1回使用分:約0.3gで計算)。

商品情報
薬用ホワイトニングフェイシャルマスク
価格:1,944円(税込)
内容量:4枚入り

 

6.洗顔ケア

①ビフェスタ 泡洗顔モイスト 


手では作れないほどのきめ細やかな炭酸泡が毛穴の奥まで入り込み、古い角質を浮かせて、汚れ・くすみをやさしく落とします。モチモチ泡なので洗顔時の肌への負担を軽減できます。

商品情報
泡洗顔モイスト
価格:702円(税込)
内容量:180g

 

②トゥヴェール クリアソープ


フルーツ酸配合で、肌に優しいピーリング洗顔石けんです。泡立てるともっちりした濃密泡ができ、やさしく洗い上げます。ピーリング効果で次に使う美容成分がきちんと浸透するお肌に整えます。

商品情報
クリアソープ
価格:1,944円(税込)
内容量:100g

 

③AHAクレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング (N)


毛穴づまりやくすみ、肌のざらつきの原因となる古い角質をスクラブでやさしくオフしてくれるピーリング洗顔料。一般的には「フルーツ酸」と呼ばれることも多いフルーツから抽出されることが多いAHA配合で、肌の古い角質層を溶かし、表皮細胞といわれる一番上の部分だけを取りのぞくため、ピーリングの中でも肌に刺激が少なくやさしいといわれています。

商品情報
ウォッシュクレンジング
価格:1,080円(税込)
内容量:120g

 

7.プチプラ美白化粧品ランキング

①資生堂 アクアレーベル ホワイトアップローション


雑誌でベストコスメ対象を数多く受賞している、評価お墨付きの「アクアレーベル ホワイトアップローション」は、美白・肌荒れ防止有効成分m-トラネキサム配合で、シミ・ソバカスを防ぎながら、うるおって明るく透明感のある肌へ導いてくれます。テクスチャーがさらっとしていて保湿力は欲しいけど後肌はさっぱりがお好みの方におすすめです。

商品情報
ホワイトアップローション
価格:200mL
内容量:1,512円(税込)

 

②ケシミンクリーム


美白有効成分としてL-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ステアリルを配合。ドラックストアで手軽に手に入れることができます。価格もリーズナブルで、美白初心者には嬉しい価格設定です。もっと詳しく見たい方はこちら

商品情報
ケシミンクリーム
価格:1,944円(税込)
内容量:100g

 

③ちふれ 美白化粧水 W


アルブチン、安定型ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)のダブル美白成分配合でメラニンの生成を抑えシミ・ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水です。美白成分のほか、保湿成分としてヒアルロン酸、トレハロースも配合しているため保湿効果も期待できます。

商品情報
美白化粧水 W
価格:1,188円(税込)
内容量:180mL

 

8.美白に効果的な対策

スキンケアで美白対策するのはもちろんですが、肌の外側からだけではなく、食事やサプリメントなど活用して体の中からも対策をしましょう。

サプリメント


配合成分として、スキンケア同様美白に貢献してくれる成分が入っていると良いです。美肌効果が期待できるビタミンC・Eやβカロチン配合のサプリメントがおすすめ。βカロチンは体内に吸収されるとビタミンAに変換され、ビタミンAには肌と体の老化を防止する働きの他、新陳代謝を促す作用があります。
第3類医薬品(リスクが比較的低い医薬品)であれば、L-システインやアルブチン、トラネキサム酸に注目しましょう。ただし、医薬品の場合は副作用が出る場合があるので、薬局の方に相談をしてから購入されることをおすすめします。

食べ物


食品の中で美白・美肌づくりをサポートしてくれるのは、以下の3栄養素です。

ビタミンC
もはやビタミンCが美白・美肌に欠かせない栄養素であることは常識レベルですね。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあります。おすすめの食材は赤ビーマン、ミニトマト、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、いちご、キウイ、アセロラ、菜の花などです。


意外と知られていませんが、皮膚と鉄は深い関係にあります。鉄は、皮膚・粘膜の合成に欠かせない栄養素で、美肌の天敵であるシミを抑えて、ハリをもたらしてくれる働きがあります。おすすめの食材はカツオ、マグロ、あさり、赤貝、豚・鶏レバー、牛赤身肉などです。

ビタミンE
ビタミンEの働きは血行促進、冷え性の改善、ホルモン活性作用など、その効果は多岐にわたります。おすすめの食材はかぼちゃ、ウナギ、アボカド、キウイ、アーモンド、へーゼルナッツ、落花生などです。

美白に効果的な食材やレシピをもっと調べてみる!
お肌の悩み別で選ぶ美白食材&栄養素とは?体の中からお肌をきれいに!

【その他】韓国コスメ

韓国人は色が白くて肌がキレイな女性が多いですよね。日本に次ぐくらいの美容大国だと思います。
韓国コスメで有名な『雪花秀(ソルファス)』、『su:m37°(スム37°)』、『TONYMOLY(トニーモリー)』などの美白ラインもぜひチェックしてみてくださいね。

9.まとめ

いかがでしょうか。今回は美白にまつわる情報を様々な角度からご紹介しました。きちんと美白したければ美白を理解してそれに効く成分を理解してから化粧品を選びましょう。また、化粧品による外からのケア以外の効果的な解決策もあるので合わせて取り入れていきましょう。

The following two tabs change content below.
茂木 宏美

茂木 宏美

「美しい」モノ・コトが大好きで、様々な美容グッズ、食品、マッサージにトライすること十数年!海外を含め、見聞を深め、内面の美にも注力している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。